2008年08月17日

畑薙ダム 通過タイム

順位No.名前到着時刻
14田中正人4d 18h 00m
215紺野裕一4d 20h 15m
39駒井研二5d 13h 10m
421飴本義一5d 22h 44m
513田中陽希5d 23h 40m
63間瀬ちがや6d 05h 48m
72飯島浩6d 10h 21m
819須田忠明6d 11h 20m
923鈴木基6d 17h 33m
1025星野緑6d 16h 13m 
117岩瀬幹生6d 16h 17m 
1214西岡利泰6d 17h 33m
1320湯川朋彦6d 18h 03m
1422宮崎崇徳7d 03h 00m
1512山北道智7d 02h 55m (畑薙大吊橋)
1624伊藤奈緒7d 12h 38m リタイヤ
1716実井孝明仙丈ケ岳でリタイヤ

posted by TJAR at 12:58| Comment(2) | 本戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【伊藤奈緒選手】畑薙ダム到着、リタイヤ

7d 12h 38m  畑薙ダム到着。ゴール関門まで残り11時間半を切っている。その時間内にはゴールは無理という事で、ここでリタイヤを決断。

初参加で、しかも女性単独行動で、ここまでよく頑張った。精神的にも参ってしまう箇所も多かったと思う。本当にお疲れ様でした。
posted by TJAR at 12:49| Comment(10) | 伊藤奈緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【宮崎崇徳選手】富士見峠

7d 12h 38m 富士見峠通過
posted by TJAR at 12:42| Comment(0) | 宮崎崇徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【宮崎崇徳選手】井川ダム

20080815378.jpg

7d 10h 22m  すでにゴールした飴本選手が井川ダムにて宮崎選手を発見。
写真は飴本選手より
posted by TJAR at 10:51| Comment(1) | 宮崎崇徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【須田忠明選手】ゴール!

7d 10h 42m  ゴール!!

最後までネバリでがんばったゴールでした。お疲れ様でした!
posted by TJAR at 10:47| Comment(5) | 須田忠明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【宮崎崇徳選手】状況報告

080816_0834~0001.jpg

「7d02hに南アから無事に下山しました!昨朝の荒川小屋から何も食べておらず腹ペコです…
足裏のマメであまり走れませんが太平洋に向けて前進しており制限時間内には必ずゴールしてみせます!」

写真は荒川岳からの富士山(宮崎選手撮影)
posted by TJAR at 09:40| Comment(0) | 宮崎崇徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【山北道智選手】畑薙大吊橋

7d 02h 55m 畑薙大吊橋

「昨日から1時間しか寝てないのに、全然進まない。間接などの故障はないが、足の指先がやられてしまってる」

「小指が酷く、脱皮しているようで、膿んで絶えず汁が出てうずいている」

「マメだけでこんなに辛い状況になるとは思わなかった」

「もう自信がない・・・24時まで歩き続ける自信がない。でも行きます・・・」

と、かなり痛々しい状況。
posted by TJAR at 09:08| Comment(1) | 山北道智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【伊藤奈緒選手、山北道智選手】いまだ南アルプス

7d 03h 00m に畑薙ダムに降りてきた宮崎選手によると、三伏峠まで伊藤選手と行動を共にするが、そこから伊藤選手が前に出る。しかし、その後ビバークをしているテントなどをいくつか見ているので、どこかで伊藤選手を抜いたかもしれない。

山北選手は茶臼からの下りで抜く。足がボロボロだという。
posted by TJAR at 08:13| Comment(0) | 本戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【宮崎崇徳】畑薙を通過

7d 03h 00m 畑薙ダム
7h 08h 00m 田代

ゴールの関門時間がかなり厳しく、ここでレースの継続を問うと、「時間内にゴールします!」と継続の強い意志を見せる。
posted by TJAR at 08:06| Comment(2) | 宮崎崇徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【須田忠明選手】静岡駅10km手前

7d 07h 00mまえに、静岡駅まで10kmのコンビニ到着。

昨夜は1時15分に横沢バス停着。

富士見峠で最後のアルファ米を食べ、22時35分に出発。
樹間よりさしこむ月明かりが美しく、まるで時が止まったかのようだった。

3時頃から眠くてふらふらする。
時折道端に座り込んで五分ほど目をとじる。

足の裏が痛く、走れなくなった。
ゴールは、昼頃か?

posted by TJAR at 07:45| Comment(0) | 須田忠明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。