2009年08月11日

TJAR試走 北アルプス編「はじめの一歩 その1」(ビバークトレーニング 横内忠之さん)

街は祭りを迎える高揚感で満ちていた。

松本駅周辺にはこれから始まろうとしている”松本ぼんぼん”を楽しもうと大勢の人並みが駅から市街地へ繰り出していた。その駅からあふれ出る高揚感の中を、別なそれを携えながら真反対に駅の上り階段の真ん中をまっすぐに見上げながら登る。


7/29 PM



忘れ物はない? 歩くときは? 寝るときは? 食べるときは? 

各行動毎にイメージしながら何度もザックの荷物の出し入れを繰り返し確認する。


準備はしてきた。先日のビバーク講習会で事前準備の不安は払拭した。あとは実践だ。鈍行列車を何度も乗り継ぎ西魚津の駅を降りる。


新興住宅街か。暗闇の中からでも真新しい瀟洒な家がそこかしこに佇まっているのがわかる。コンビニ。水を1L調達しよう。だが、Volvic1Lより、2Lの天然水が安い。背負う重さのことはおいておいて、迷わず2Lを調達。


2100を過ぎているが、これから始まる長い旅を前に腹ごしらえ。満水のハイドラパックを仕込んだザックを背負う。重い。そういえば、水を入れた状態でザックを背負っていなかった。歩を進めると程無くスタート地点。ミラージュランド着。「ここか」施錠されたゲートの脇道を海へ向かう。きたぞきたぞ。ここがスタート地点の日本海。時計は2150。手を海に置く。


さあ旅の始まりだ。


まずは、CP1の馬場島を目指す。もってきた地図が不鮮明で現在地との照合がよくできない。ゼロックスの守衛さんに道を尋ねる。

「馬場島まで行きたいのですが?」

「この時間に?」

「何時間かかると思っている?」

「4時間くらいでしょうか?」

「4時間で着くわけないよ」


先に進む。どうにも道が正しいのか不安だ。YKKの工場。また守衛さんに聞く。


「馬場島?山道だよ」

「山にいくんです」

「......」


確認した道を先に進む。どうやら、道はあっているようだ。先に進む。走ろうと思うが、9Kg近い荷物を背負うことに慣れていないせいか、ほとんど走れない。この先長いし、山への足を残しておいたほうが良いなどと、言い訳を見つけながら歩き続ける。しかし歩いても歩いても馬場島の看板は出てこない。


早月川を横切る回数などを確認しながら不鮮明な地図で現在地を確認する。こんなに歩いてきて間違えていたらどうしよう。それならそれでいいじゃないか。道程を確認するための試走でもあるのだから。


そんなことを延々と考えながら歩を進める。しばらくすると照らすライトに反射する看板が見えた。馬場島の文字。 「これを待っていたんだ!」 がぜん、元気になる。あと12km。安心感につつまれながら、時折走りを入れて先に進む。小雨。天気予報は週末まで”くもり時々雨”の予報。今回の試走は、雨中での山生活の実践でもある。


やっとやっと馬場島。


とっくに日付は変わり300ジャスト。ゼロックスの守衛さんが正しかった。9割がた歩いたのでは5時間超もしかたがない。高度を上げているはずなのに、十分な水平距離のおかげで勾配を感じさせない、きちんと走れるコースだ。背負う荷物に慣れさえすれば、1時間は短縮できそうだ。


雨足が少しずつ強まる暗闇の中を炊事場、トイレ、テントサイトを確認。サイトの一角にモンベルのドーム型シェルターを張る。山中での不測がないように下界で確認する。1時間半ほど仮眠をとる。今度は炊事。お湯を沸かしサタケのマジックライスを仕込み、スープを飲む。ここでやるべき一通りの確認はできた。忘れ物はないようだ。


02_剣岳の石碑.JPG


剱岳石碑

04_早月小屋サイン.JPG


早月小屋1km

その2につづく

posted by TJAR at 14:09| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

TJAR 2010に参加を予定している方へ

はじめの一歩
2009-2010の実績として、以下の参加条件(書類選考基準)を満足していることが、ベースとなります。
現在これを満足していない方は、参加条件をクリアできるよう、トレーニング・スキルアップなどに励みましょう。


a. 標高2000m以上の場所において、ツェルト+レスキューシート(シュラフカバー)のみで、一晩すごす事=ビバークを2回以上おこなってみましょう。雨風が激しいときにおこなうと、より実践的になって愉しいですよ・・・。今年の暖かい時期を選んで、ビバーク体験しておくことを、お勧めします。

b.山でしっかり走れること:コースタイムの55%以下のタイムで11時間〜18時間50分を走れること。日本山岳耐久レース=11時間10分以内が望ましい

c.下界でしっかり走れること:フルマラソン=3時間20分以内.、ウルトラマラソン=10時間30分以内が望ましい

d.山岳保険(捜索、救助等を含む)に必ず加入していること。 

e.リスクマネジメント(危機管理)に対して、危険回避能力および事故対応能力をしっかり研究し、身につけていること。

f.自己責任の法則 すべて自己責任で判断・行動できること。

g.選考会の1月前までに医師の診断書を提出できること。

*その後の流れは、TJAR 2010大会要項 9.本大会エントリーへのフローを参照してください。



最良のトレーニングとは
日本アルプスで、TJARのシミュレーションをおこなうことが、最良のトレーニングになります。
下見も兼ねて、TJARのコースをトレースしてみてください。ひとりで、数日間をほとんど寝ないで
しっかり行動することで、山との一体感が生まれてきます。  

@食事・仮眠・休養をすばやく要領よく摂る
A悪天候遭遇時(大雨・霧・雷等)の判断力と対処法
B日々の行動戦略を常に頭にインプットして、TJARのシミュレーションを行なうと力がつきますよ。

Trans Japan Alps Race 2010要項.pdf

TJAR 2010 実行委員会

posted by TJAR at 15:36| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

TJARビバーク講座のご案内

トランスジャパンアルプスレース出場希望者限定、アルプスでのビバーク講座を行います。

【日時】 7月25日(土)

【場所】長野県駒ヶ根市 中央アルプス

【募集人員】 15名(定員になり次第締め切ります)

【講師】飯島浩、岩瀬幹生 

【目的】究極のライト&ファーストスタイル「TJAR」出場を想定した山岳での生活技術全般の講習を行います。最小限の装備で軽快な登山。それには十分な経験、知識が必要です。本来このレースに出るにはこういった知識は自身の努力で獲得して欲しいのですが、なかなか実践的な知識を得る機会はありません。そこでこのレースに的を絞っての講習を行います。 

【講習内容】
 ビバークとは?
 どこに張る
 どう張る
 何を張る
 食事は?
 山のマナーとは
 山の常識とは
 etc

【行程】
4:30集合 菅の台有料駐車場前(菅の台バスセンター)
5:12発  菅の台バスセンターよりバスにて  
5:51着  しらび平
6:00発  ロープウェイにて
6:08着  千畳敷
6:30発  千畳敷〜駒ケ岳〜宝剣岳〜檜尾岳〜檜尾尾根〜檜尾橋〜菅の台(千畳敷〜檜尾橋までコースタイム10:50.檜尾橋より菅の台までロード5Km)
15:00着 菅の台
     こまくさの湯にて入浴、反省会
17:00解散(予定)

【参加費】 実費 バス代   1180円(菅の台〜しらび平)
         ロープウェイ800円(しらび平〜千畳敷)
         こまくさの湯 500円
         合計    2480円
         最低これだけは必要です。
      *資料代として100円程度徴収するかもしれません。 
【注意事項】
標高2500mオーバーの山岳路、及びTJARを想定した装備を各自で考えて準備下さい。
実際にツエルトを張ってみます。
実際に眠る事はしません。
食事は簡単に取れる行動食として下さい。
自分で持っているシェルターを持参下さい。(ツエルト、ビビーザック、テント等)
これからシェルターを購入予定の人は参加者の装備を見てからでも結構です。
今回は走りの練習会でもありませんしタイム計測もしません
この企画への参加そのものが今後のTJARの選考結果に影響する事はありません。
山岳保険(捜索、救助を含む)への加入が必須。
参加基準は明確には規定しませんが、おおむねコースタイムの半分程度で移動できる事。

     

【申込み】
以下の内容をメールで送ってください

氏名
年齢、生年月日
住所
自宅電話番号
携帯番号
携帯メールアドレス
PCメールアドレス
緊急時連絡先(連絡者、続柄)

以下は参考までに把握しておきたいので、大雑把で良いのでお知らせ下さい
登山経験(経験年数、どんな登山?主な山行実績)
トレイルランニング経験(経験年数、レース実績等)
ランニング経験(経験年数、レース実績等)


endurance_trailhead*yahoo.co.jp
*を@に変更してください
受付後メールで返信いたします。
posted by TJAR at 12:26| Comment(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

2009年度のトランスジャパンアルプスレース選考会について

2009年度のトランスジャパンアルプスレース選考会は開催致しません。

2010年の予定は以下のとおりです。

1.募集開始(要項配布) 2010/3 初旬
2.書類選考(参加確認書提出) 2010/4 中旬
3.選考会参加可否連絡 2010/4  末日
4.選考会 2010/6 中旬
5.本大会 2010/8  中旬                 
*余儀なく変更する場合あり
ただし、まだ予定の段階です。内容に変更がある場合もありますのでご了承ください。

詳細は6月に発表予定。

posted by TJAR at 06:56| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

須田忠明選手【最後の頼りは・・・】

s-P8230182.jpg  s-PA110096.jpg


レース後はむくみもなく、思ったより体のダメージは少なかったので、3日後の20日水曜日には皇居を1周ジョギングしたし、23日土曜日は棒ノ峰の高橋香さんのレリーフに献花し、完走と、そして何よりレースの無事の終了を報告した。

レース前の8月3日に最後のトレーニングを行ったのもここで、無事故と皆の完走を祈念していた。レースは終わったが、自分の中ではここへ来なければTJARは完結しないと思っていた。

レース直前の1週間は全国的に天気が不安定で、雷雨が多く心配していたが、馬場島までの道は流れ星付きの星空で迎えてくれた。今回ほど天候に恵まれたこともないだろう。その結果が高い完走率につながったことは間違いない。天からレースを見守る高橋さんが、雷雲を遠ざけたのかもしれない。非科学的ではあるが、そんなふうに思うほうが自分は好きだ。

人には、三つの生があると聞いたことがある。
残念ながら、彼の肉体は既にこの世にはない。
私も生前の面識はないが、記録などを読み、大いに参考にさせてもらった。TJARが続く限り、記憶の中で彼は生き続けることだろう。前回大会で有力選手が次々にリタイアしていく中、一人でルートを探し、闇夜の孤独にも耐えて完走したという点では、出場者の増えた今回とは値打が違うと思うのは私だけだろうか?2004年大会でリタイアした後、入念な準備と試走のもとに2006年大会を完走した、彼の精神というか想いみたいなものは、今後も生き続けてもらいたいと思う。

冒頭に体のダメージはないと書いたが、レース翌日の18日にザックを背負ったまま献血に行ったところ、肝機能低下によりALTに異常値が出て献血できなかった。標準が5〜45IU/Lで、私は通常30くらいなのだが、その時の値が62.1と献血出来る基準の60をわずかにオーバーしていた。急激に太った場合や脂肪肝の時に高くなる数値であり、私の場合は筋肉が壊れた際の酵素が血中に出て高くなったようだ。足や筋肉は異常なかったが、1週間くらいは内臓が疲れていた感覚があったので、人それぞれいろいろな所にダメージを負っているのだろう。

ザックのストラップやシャツのタグを切り取るなどして涙ぐましい軽量化をしたのだが、最後にお守り(10g)を装備に加えた。飯能の子の権現のものを持ったのだが、さすが足腰の神様と言われるだけあり、効果は絶大であった。
実力のないものは、最後は神仏が頼りだ。
posted by TJAR at 11:06| Comment(0) | 須田忠明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須田忠明選手【ツエルトについて】

s-P7190140.jpg  s-PA110093.jpg

写真は、今年7月19日の五色が原である。
選考会Bには参加していないが、足が遅い私は一人先にスタートして同様のコースをたどることにした。
ついでに下見もかねて馬場島からスタートしたのが、雪が多くて危険と言われて早月小屋から下り、室堂にまわって五色が原に泊まった。この時は、翌20日の1時に出発し、岩瀬さん、西岡さんと共に22時に上高地に着いた。

ツエルトは、本番でもこの時と同じヘリテイジのエマージェンシーツエルトを用いた。カタログでは250gだが、張綱を付けて量ったら341gとなった。ご覧のように、ストックを支柱にし、ペグを使わずに石を利用して設営する。どうしても結露はするが、インナーフレーム(97g)を特別に注文したので空間は確
保され、疲れてもいたので毎日熟睡だった。

写真の状態だと四隅が風で動くので、その後四隅にもダイニーマスリングでループをつけて石で押さえられるようにした。入口(三角形の底辺の部分)は、スナップで4箇所止めるようになっているが、これ
だと隙間が多いので間にベルクロテープを縫いつけた。「無名の巨人たち」のなかで、加藤さんのツエルトに両側の底の部分が縫い合わされ、夜風が入ることを防ぐ工夫が施されていると記載されているが、だからといって底(寝る時に背中になる部分)を縫い付けてはいけない。底が割れることで、設営ができない時や風が強い時に、靴を履いたまま底を開いて被って使用することが出来なくなるからだ。

蛇足ではあるが、選考会Bのアプローチに使った高速バスには、紺野さんも同乗していた。
彼は海から走って早月小屋まで行き、やはり小屋の人に止められて戻ったのだが、その時にすれ違っている。
その後、彼は馬場島からさらに上市駅まで走っている。(私は車に乗せてもらった)
一日にロードを約60km走り早月小屋まで往復して、さらに翌日(というか0時から)の選考会Bでトップでゴールするのだから恐れ入るばかりだ。
本番でトップ争いをするのもうなずけるエピソードとして紹介する。
posted by TJAR at 11:02| Comment(4) | 須田忠明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須田忠明選手【菅ノ台での食事】

CA3A0007.JPG

私も「すき家」に寄り、うな牛特盛に温泉卵二つ、みそ汁、冷や奴、サラダを注文した。
しかし、それでもご飯が足りず、この後山かけ鮪丼(並)を追加した。
食欲だけは、トップレベルだろう。
投稿数も、トップに迫る(笑)
posted by TJAR at 10:57| Comment(0) | 須田忠明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

ヘッドランプの落下防止について


s-P8180175.jpg           s-PA050091.jpg
ヘッドランプは、長年登山で用い信頼性のあるブランドのペツルでミオXPというモ
デルを使った。
ミオ3も持っており、LEDだけだとはガスの中では光が拡散してしまうので迷ったが、最終的には軽さでXPを選んだ。

夜間にスピードは出さないと思い、ハンドライトは持たなかった。
しかし、ライトがひとつしかない状態で、行動中にヘッドライトを落としたら進退窮まる事は明らかであり、そのために一工夫したので紹介する。

写真のようにダイニーマの細いスリングをヘッドランプに通し、ロック付の安全ピンでシャツの襟にとめた。安全ピンは、昼間には靴下を干すのに利用が出来るので一石二鳥だった。ちなみに、電池は単3リチウムを用いた。

メーカーは使用不可としているが、今までにトラブルにあったことはない。予備の電池も持ったが、交換はデポでの一度のみだった。市野瀬の手前や富士見峠辺りでインジケーターが切り替わったが、途中で交換することはなかった。
posted by TJAR at 16:35| Comment(1) | 須田忠明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

OSJVol13に掲載

9月26日発行OSJ(フリーペーパー)でTJARが紹介されている。
表紙は田中陽希選手の感動のゴールシーン!

posted by TJAR at 18:00| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

報告会空席わずか

報告会の参加席が残りわずかになりました。
ご来場ご希望の方は早めにご連絡をお願い致します。
posted by TJAR at 22:11| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。