2009年08月25日

TJAR試走 北アルプス編「はじめの一歩 その5」(ビバークトレーニング 横内忠之さん)

7/31AM 145起床。
体が芯から冷えている。お湯を沸かしアルファ米を仕込み、コッヘルにスープを溶く。冷えた体の中にそれを入れる。一筋の液体が流れる感覚を実感し、体全体が始動する。
深い眠りにつける状態ではなかったが、眠くはない。疲れも取れているようだ。ずーっと濡れていたシューズに入れていた足も問題はない。今日は長丁場だ。槍ヶ岳を越える。それまではよほどのことがなければ、ビバークしない。とにかく体を徹底的に動かす日だ。
 300 五色ヶ原のキャンプ場を出発する。
山荘がやっていれば水を補給したかったが、まだ起床時間には早いようだ。
背中の水は多くはないが、ちびちびやっているので減り方は極端に少ない。スゴ乗越小屋までは全然問題ないはずなので気にせず進もう。
あっという間に鳶山。あたりは真っ暗だ。先に進むと次第に空が白んできた。
18.JPEG

500夜明けだ。
19.JPEG

越中沢岳から西側の先にある谷は雲海に覆われている。
20.JPEG

体は至って快調。
21.JPEG

天気も悪くない感じだ。良い一日になりそうだ。
スゴの頭を超え、スゴ乗越小屋へ向けて下っていると、本日一組目のパーティと会う。「早いですね」これから皆始動を始めるところだが、こちらはすでに3時間以上歩いてきている。

647 テン場を横切りスゴ乗越小屋着。
カップラーメン(400)とコーラ(300)を注文する。
そういえばツェルトなどは大休止の際に広げて乾かすって言っていたっけ。昨夜はびしょびしょで不快な思いをした。少しの時間だけでも拡げよう。Skinsロングタイツなどをザックにくくりつけ、712小屋を出る。

「お気をつけて」言葉をありがたくいただき、先を急ぐ。間山を超え北薬師岳を登って行くとライチョウ発見。雛鳥も列を作って歩いている。
909北薬師岳着。
22.JPEG
 
”ここで雨なら稜線風雨。荒天時薬師越え厳し”地形的にここは風の通り道になっているようだ。今は晴れ。
薬師岳に向けて歩を進めると、先ほどまでとは違う風を受ける感覚。
「荒れたときは、難所に変貌を遂げるのか」

少しばかり実感した。

23.JPEG

その6につづく・・・

posted by TJAR at 07:26| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。