2008年08月18日

【須田忠明】感想(完走)記

CA3A0074.JPG

一夜明け、帰りの車中でメールを打っている

写真は、レース中にかぶっていた帽子だ
出発直前に、所属する二つのクラブの名前を書き込んだ

わらじの仲間は、沢登りを主体とした山岳会で、トレランをする人は皆無である
しばらく沢から遠ざかっていたが、一段落したので、そろそろ山へ戻りたい
今更10万円の話はなかった事にしてくれとは言わないですよね、Eさん!
お金はどうでもいいけど、皆で宴会でもしましょうか?

3UPは、実家のある埼玉県飯能市にあるサイクルハウスMIKAMIのチーム名だ
レースなどで活躍する人も多く、MTBの世界では知る人ぞ知る店だ
今回、山岳路のほぼ全てとロードも全て下見を行った
上高地から木曽駒高原スキー場間だけは車だが、他はこの店で買ったMTBを利用した
最近あまり顔を出していないが、店のHPの掲示板に、自分が出場することが記載された
応援メッセージの一部は、転送されてレース中に読んだし、他にも携帯に直接メールをもらった
時間がなかったので、個々には返信をしていないが、この場を借りてお礼を申し上げたい

真ん中の自分で考えた陳腐な言葉は、どうでもいい
レースが始まって2日目くらいからずっと感じていた事がある
これだけムチャな行動を毎日続け、それでも完走出来たならば、私の体は相当丈夫だと言うことだ
自信はなかったが、食べ続ける事が出来れば歩き続ける事は出来るので、完走できるかもしれないとは思っていた
自分らしさは発揮出来たと思うし、それが予想以上の結果につながったのだと思う
丈夫な体や胃腸の強さは自分で作れるものではない
今はただ、両親に感謝したい、その一言だ

須田忠明(ゼッケン19)
posted by TJAR at 19:47| Comment(0) | 須田忠明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。