2008年08月18日

応援ありがとうございました

応援をしてくださった皆様へ

オリンピックが世のニュースを制覇している時、日本でもまた20名のアスリートたちが、とてつもなく過酷なレースに挑んでいました。そして20名全員が事故なく下山する事ができました。
これも皆様の応援があったからこそです。

TJARでは、今回、初めて公式ブログにてレースをライブ中継を試みました。
選手や現地にいる関係者、また応援に駆けつけてくださった皆様より頂いた情報を、いち早くアップすることで、現地に行けない応援団に選手の状況をお知らせするためです。

北アルプスは携帯の電波が入る場所も多いのですが、南にいくに連れ、電波が入らなくなり、南アルプスではほとんど情報をアップできなくなってしまいました。ご心配された方々には大変にご迷惑をお掛けして、申し訳ございませんでした。

しかしながら、このブログはレース初日より想像以上のアクセス数を打ち出し、最終日(8月17日)はPV11146件、訪問者1022人という数字が出ました。また応援団が書き込んでくださったコメントの一部を選手の携帯に送り、孤独に痛みと戦っている選手にとっては、本当に励みになりました。

本当にたくさんの応援をありがとうございました。

TJAR公式ブログ担当者
posted by TJAR at 12:47| Comment(5) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多くの方々の応援が今回のレース中に届きました。
大会のルール上選手への接触は特定の場所以外は禁止されているため、レース中は大会ホームページを見て幾度となく励まされました
南に入ってからは電波がなく、唯一入った場所でも送信が出来ない状態でした。今回のホームページによる選手の行動状態を把握できるようにしたことは大成功だったと思います。
その一方で南に入ってからは情報が入ってこなくなったのはネットを通して応援している方々にとってかなり心配になったそうです。
今回の経験はこのレースに出場しなくては一生経験できないことばかりでした。
今は全てに対して感謝の気持でいっぱいです。

まずはゆっくり体を休めたいです。

ありがとうございました。
Posted by 田中陽希 at 2008年08月18日 14:20
最初のうちは、ここに応援メッセージを書き込んでも、選手にはとどかないのだろうと思って応援には消極的でしたが、途中から、選手にメッセージが届けられているということが判り、応援にも力が入りました。

知り合いの選手の応援はもちろん、顔見知りではない名前だけ知っていると言う選手の方も応援させていただきました。

ブログへのコメントの反映が若干遅く、やむなく複数投稿なされた方もいらっしゃいましたが、次回はまた改善されると思います。


選手全員のご無事のご帰還、本当におめでとうございました。

最後に、師匠と友人の遭難死を乗り越えてこのレースに挑戦された平井小夜子さんに、最後のエールを送らせていただきます。また2年後挑戦されてください。そのときは、また応援させていただきます。
Posted by 応援者 at 2008年08月18日 15:00
 大会中は、コメントがほとんど無かったので、お礼ぐらいはと、本部にメールしたところ。朝に送信したものがいまだに更新されず。夜、心配で電話したところ「子供の事でバタバタしており、明日には・・・」との返事がありました。育児の中、更新作業に没頭して頂いた。田中さんの奥さんこと、竹内靖恵さんにも、もう一度大きな拍手・感謝を・・・。

ありがとうございました。
Posted by コマケン at 2008年08月19日 22:21
大会成功おめでとうございます。
オリンピック以上に楽しませてもらいました。
選手のみなさん、大会関係者のみなさん、ご苦労さまでした。
まずは、ゆっくり休んでください。
大会の状況が雑誌等でレポートされるようであれば、ぜひ情報をHPで公開してください。
Posted by skm at 2008年08月19日 23:35
skmさん、了解しました。媒体情報はアップいたします!
Posted by ブログ管理者 at 2008年08月21日 14:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。