2008年08月17日

【宮崎崇徳選手】ゴール!

宮崎崇徳選手が、7日間20時間11分でゴール。

「もう走りたくない!」と率直なコメント。

「なるべく疲れないように進んできたが、最後は飛ばした。肩、腰、足の裏、いろいろな所が痛いです」

お疲れ様でした!
posted by TJAR at 20:19| Comment(6) | 宮崎崇徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい、おめでとう。感激です。
Posted by 愛鷹の哲 at 2008年08月17日 20:27
最後は海岸のゴールで迎えることができ、感動しました。

ほんと、最後までよく走ったよ。
ずっと食べないでゴールまで30km以上?もっと走り続けた?
7日も山の中を進んできたとは思えない終盤の走りだったね。

それも参加者の中で一番重い荷物を背負って、しかも普通のランニングシューズで。
ほんとよくやりました。
おめでとう!!

今週くらいはゆっくり休んでね。

それと心配させた奥さんとの約束の白馬岳登山。
次の週末にでも一緒に行ってあげるんだよ〜。






Posted by ゆっくりー at 2008年08月18日 00:29
応援していただいた皆さん、本当にありがとうございました!どんなに本人、勇気を頂いたか...苦しい時、真っ黒な顔から涙が出たそうです。現地に来て下さったラン仲間の方々、夜遅くまで本当にありがとうございました。本人も家族も忘れられない感動の思い出を手に入れることが出来ました。感謝です!私の方が興奮して寝れなくなってしまいました(笑)彼の熱い?夏は終わってしまいました。しばらく、本人はぼーっとしたまま、冬眠生活に入るでしょう(笑)本当にありがとうございました。

Posted by すうちゃん at 2008年08月18日 05:16
感動をいただきありがとう!
装備、行動を聞き、苦しみながら楽しんでいたのかな?せっかく出場するので楽しまないといけないよな。でもすご過ぎます!
この感動、頑張り、苦しい中での楽しみの一部を見れて良かったです。僕もレベルは違うが秋のウルトラ苦しみながら楽しむぞー!
本当にお疲れ!
Posted by osakana at 2008年08月18日 06:10
完走おめでとうございます。おんたけウルトラで会いました大内です。「山を走っています」と言われていましたがまさかこんなすごい大会を走っているとは気がつきませんでした。
ゆっくり休んで次の大会を目指してください。
Posted by 大内 at 2008年08月18日 23:06
応援いただいたすべての方へ

応援どうもありがとうございました!
TJARのような長期間の大会では本人の完走にかける気力、精神力のほうが体力よりもむしろ最後は重要になると思っていますが、家族、友人をはじめ大会関係者、通りすがりの方々などからの応援に気持ちを奮い立たせ、弱気になることなく太平洋まで突き進むことができました。本当にありがとうございました。
特にゴールまでのラスト40km弱を走りきれたのは、こんな遠いゴールまで休みをつぶして応援に駆けつけてくれている仲間を少しでも待たせてはいけない、みんなの応援に相応しい走りを見せなければいけない、歩いてなんていられないという気持ちからでした。
おかげで最後に全力で完全燃焼することができて一生の思い出になる大会になり、感謝しています!!

今もまだ足裏の痛みで歩行困難が続いていますが、それも頑張れた証だと心地よく感じています。

本当にどうもありがとうございました。
Posted by 宮崎崇徳 at 2008年08月20日 07:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。