2008年08月16日

【須田忠明選手】経過報告

6d 19h 02m  井川ダム

マメもなく、大きな筋肉痛もないが、いつ体の一部に変調をきたさないか不安で一瞬も気が抜けない。
白樺荘で食後一時間昼寝して6d15h28mに出発。すぐに飯島選手を抜いた。足が痛くて、全く走れないが歩いて海を目指すと言う。気持ちは、しっかりしている

井川で紺野選手、ダムで実井選手、平井選手らの声援を受ける、嬉しい。情報によると、自分の後ろは、飯島選手、岩瀬選手、星野選手、鈴木選手、西岡選手が降りている模様。
湯川選手も続いているそうだ
みんな、ガンバレ!!

6d 21h 40m 富士見峠 
posted by TJAR at 22:54| Comment(1) | 須田忠明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山ヤらしく余力を残して山岳エリアを走破するあたり、さすがというか、やはりというか。あとは海を目指して出し切って下さい!
Posted by やすお at 2008年08月17日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。