2008年08月04日

湯川朋彦選手の意気込み

2006年10月に前回大会の報告会に参加しました。全力を尽くしてレースに参加した選手たちは、例外なくいい笑顔で実にカッコよかったのです。自分の気持ちを強く動かしたのは、その笑顔でした。
それからは、全ての鍛錬をTJARにつなげるつもりで行ってきました。しかし、昨年の選考会ではコースロストでリタイアするという悔しい思いもしました。それからは、山での経験値の低さを補うべく、可能な限りアルプスに通いました。多くの友人達にも助けられながら、ようやくスタートラインまで来ることが出来ました。
本当の試練はこれから始まるのです。自分の肉体と精神への挑戦が始まります。しかし、安全が全てに優先すること、そして苦しい中でも山を楽しむ余裕を忘れないこと、これを心に刻み、マイペースで進みたいと思っています。
posted by TJAR at 23:40| Comment(4) | 湯川朋彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フレーっ、フレーっ、トモさん、ガンバレーッ、ガンバレーッ、トモさん。笑顔を太平洋へ!
Posted by shobun at 2008年08月06日 10:06
頑張ってくださいね。
登り大好きなトモさんだから一歩一歩楽しんで登れば太平洋は目前だと思うよ♪
応援しています。
Posted by ふじえだ at 2008年08月07日 11:52
ショップKの木下です。霧ケ峰での講習の成果はいかがでしょうか。毎日応援しています。無理せずがんばってください。最後は気合だー!
Posted by 木下啓 at 2008年08月09日 12:39
湯川さん頑張ってください。
応援しています!
Posted by 渡邊俊一 at 2008年08月12日 08:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。