2008年09月16日

実行委員会 岩瀬幹生より

◇第4回を迎えたトランスジャパンアルプスレース
トランスジャパンアルプスレースは、2002年より2年毎におこなわれ、今回で4回目を迎えました。
今回は、登山道や一般道で出会った多くの方々から暖かいお言葉をいただき、ありがとうございました。
また途中立ち寄ったお店や山小屋では、とても好意的に受け入れていただき、たいへん感謝しております。

◇レースのライブ中継について
今回、公式ブログにてレースのライブアップを試みました。
選手や現地で出会った方々からのメール(+Photo)がリアルタイムでアップされ、レースの動向を把握することができました。
また、多くの方々から励ましのお言葉をいただき、選手への励みとなりました。たくさんの応援、ありがとうございました。

◇応援、ありがとうございます
選手への公平性とTJARスピリッツ〔サポートに頼らず、自分自身の力を信じてゴールを目指す〕を尊守するため、選手へのさしいれや、選手の動きにシンクロした伴走・ポイント応援を禁止しましたが、いたるところで、顔見知りやトレイルアスリートに出会ったのは、偶然でしょうか・・・


◇今後の選手選考について
選手選考に関しては、書類選考により参加条件〔@露営技術A山岳/走力B平地/走力C山岳保険加入Dリスクマネジメント能力E自己責任の認識E医師の診断書提出〕を満たしている方を選出しました。
その上で、選考会A(中央アルプス)、選考会B(北アルプス)をおこない、目標タイムをクリアされた方が本大会へ出場できる流れをとりました。

今回参加した選手の中には、日本山岳耐久レース等や北丹沢12時間耐久レース等の里山レースにおいて何度も優勝や入賞をされた方が多くみえました。
しかしこの大会において、露営地ですばやく確実にツエルトを張ったり、食事・休養・睡眠を要領よくおこなうことが苦手な選手が見受けられことも事実です。
また大雨・霧や雷等に遭遇した場合、きっちり状況判断して行動できる力が不足している選手もいました。

今後の選手選考に関しては、山での露営・生活技術や危険/予測力・回避力等を含めて、内容の見直しをはかりたいと思います。

by TJAR実行委員会/岩瀬
posted by TJAR at 09:58| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。