2008年08月09日

須田選手の装備

CA3A0004.JPG

乾燥重量6、5キロ、うち食料が1、7キロとなった。これを22リットルのザックに入れる。他の人より少し重いだろう。
posted by TJAR at 22:10| Comment(0) | 須田忠明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

志村郷選手 不参加

志村選手は蜂に刺されて先日まで入院。退院はしたものの、体調がすぐれず、今年は出場を断念しました。
posted by TJAR at 11:40| Comment(7) | 志村郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TJAR 2008 を1週間で駆け抜けるタクティクス

TJさんは、トランスジャパンアルプスレース2008(TJAR 2008)を、1週間(6日8時間)で踏破するためのアクティッブタクティクスを錬ってみた。毎日の行動予定を、以下の記す。添付:行動予定表参照。

けがや故障をせず、いちにち一日をきっちり前向きに進んでいけばしだいにゴール・太平洋が見えて来るのかなあ・・・

【1日目(8/10)】
日本海/富山湾/早月川河口を午前零時にスタートし、馬場島までの一般道をひたすら走る。夜明けごろ早月尾根を登り始め、遅くとも9時30分には剣岳山頂(2,999m)に着きたい。海抜0mより一気に高度差3,000mを稼いだので、心臓がバクバクしている。これより立山連峰〜五色ケ原を縦走し、スゴ乗越で露営(一般道 距離:約30.0q+登山道 距離:約36.8q、コースタイム:21:00)

【2日目(8/11)】
早朝に露営場を出発。薬師岳(2,780m)〜太郎平〜三俣蓮華岳(2,841m)〜双六小屋〜槍ヶ岳(3,180m)を踏破し何としても本日中に、上高地までは歩を進めておきたい。北アを2日間でこなさないと、後の行程が厳しくなるからだ(登山道 距離:約58.3q、コースタイム:31:10分)
上高地/河童橋関門 8/12 9:00を余裕でクリア

【3日目(8/12)】
上高地からは、一般道をひたすら走る。奈川渡ダムまでのトンネル内では、車に轢かれないよう細心の注意をはらおう。境峠〜薮原駅を経て木曽駒高原スキー場まで進む。灼熱地獄のロードを70q以上こなしたため、身も心もボロボロとなっているだろう。水場でしっかりアイシングして、心身のリフレッシュを図ろう(一般道:約71.5q)

【4日目(8/13)】
今日は、中央アを越えて、レース唯一のデポ地・市野瀬まで進む。駒ケ岳(2,956m)〜空木岳(2,864m)の稜線漫歩を楽しみ、駒ヶ根高原へ下る。駒ヶ根市内で飢えた胃袋を満たし、しっかりお買い物をした後、夕方に市野瀬に到着。デポ品を受け取り、荷物の整理をおこなう。入野谷(付近の宿)で、久しぶりに温泉に入りたいな(一般道 距離:約24.5q+登山道 距離:約30.0q、コースタイム:19:45)
市野瀬関門 8/14 19:00を余裕でクリア。

【5日目(8/14)】
これより仙丈岳までは迷いやすいため、現在位置をしっかり把握しながら進む。稜線へ出たならば仙丈岳(3,033m)〜塩見岳(3,052m)〜三伏峠を経て、高山裏で露営。なお塩見岳は、雷の名所である。落雷には注意しよう(登山道 距離:約54.5q、コースタイム:31:00)

【6日目(8/15)〜7日目(8/16)】
早朝に露営地を発ち、荒川岳(3,083m)〜赤石岳(3,120m)〜聖岳(3,013m)を経て、茶臼小屋より畑薙第一ダムへ下りる。これより一般道となる。井川部落ではこれからの行動に備えて、食料調達をきっちりしていこう。井川ダム(迂回路あり)から夜を徹して走り・歩き、富士見峠〜油島を経て静岡駅の地下道をくぐり7日早朝にゴール・太平洋/駿河湾/大浜公園へ到着する(登山道 距離:約45.9q、コースタイム:26:25+一般道 距離:約70.0q)



選考会A、Bのリザルトから推測するに、この計画より早くゴールする人が3〜5人はいるだろうか・・・しかし、自分は怪我、故障無きようマイペースを心がけ、完走を果たしたい。


<過去男女選手のレコード記録>
男子:田中正人選手:6日2時間00分
女子:間瀬ちがや選手:7日3時間55分
(共に2004年)

今回は、このタイムをどれだけ短縮することができるか・・・とても楽しみである。

Text By TJAR 2008 実行委員会
photo by 柏倉陽介(2004年度)


 TJAR 2006 柏倉phto.JPG
posted by TJAR at 11:38| Comment(1) | 本戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TJAR 2008 現地にて応援・取材される方へ

TJAR 2008 実行委員会からのお願いです。

TJAR 2008 に参加する選手は、友人や家族等のサポートに頼らず、自分自身の力を信じてゴールを目指します。この事を尊守するため、現地で応援もしくは取材される方は以下に該当する行為をおこなわないよう、お願いいたします。
(ただし、スタート前、市野瀬CP、ゴール後は除く)

@選手および選手の持ち物に触れる事
A物品の受け渡し(さしいれ、ごみ等含む)
B荷物搬送
C選手の行動にシンクロした伴走・ポイント応援およびそれに類する行為
したがって、選手にドリンク類(水やスポーツドリンク等)や食料をさしいれしたり、選手応援や密着取材と称して、コース上を行き来し選手を追いかけたりする等の行為は慎んでください。

P1010275.JPG

選手が以下に該当する行為をおこなうと、失格となりレースを継続できなくなります。
このことをご理解いただいた上で、行動してくださるようお願いします。

1.コース上の指定されたチエックポイント(以下CP)を通過しなかった場合。コースをショ−トカットしたり、交通機関を利用した場合。

2.家族や友人等から、以下のサポ−トを受けた場合。ただし、スタート前、市野瀬CP、ゴール後は除く。
@選手および選手の持ち物に触れる事
A物品の受け渡し(さしいれ、ごみ等含む)
B荷物搬送
C選手の行動にシンクロした伴走・ポイント応援およびそれに類する行為

3.山小屋、避難小屋、旅館等に宿泊(仮眠を含む)した場合。
ただし、落雷や動物等により生命の危機が予測される場合は、一時避難としてそれらを利用しても良い。

4.山小屋、お店等に迷惑をかけた場合(特に深夜/早朝での行動に注意)

5.設定した関門を、所定の日時までに通過できなかった場合。

以上、ご協力をよろしくお願いいたします。
posted by TJAR at 09:03| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮下晋選手の意気込み

時間、家族や職場の理解、健康、金銭などの条件をクリアーし、様々な方のご協力によって、スタートラインに立てることを心から喜ばしく思います。

最初はこのレースをレースと考えていました。
しかし、繰り返した練習において、こなした行程と本番とのスケールの違いに思いを馳せるとき、練習すればするほど完走が遠く感じられました。コースの大きさ、自然の素晴らしさ、偉大さ、そして途方もない苦しさ・・・普通のレースでは考えられないこの不思議な感覚を繰り返し覚えるうちに、TJARの本質はレースではないのではないかと思うようになりました。

これは旅ではないでしょうか。レースではなくて旅だと思います。日本海を出発し北アルプス、中央アルプス、南アルプスを越え、200kmを超えるロードを辿って大平洋に至る。それを自分の脚で一歩一歩踏みしめて成し遂げる。1週間の素敵な夏休み。その旅を心から楽しみたいと思います。

ですから、どうぞこのブログを見ている皆さんも、一緒にこの旅を楽しんでください。一緒にワクワク、ドキドキしてください。自然の大きさに比べれば、一人の力は本当にちっぽけなものですが、大平洋目
指して一歩一歩、参加者はみんな精一杯頑張ります。

どうか良い旅になりますように。。。
応援のほどどうぞよろしくお願いいたします。
posted by TJAR at 08:54| Comment(5) | 宮下晋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。