2008年07月19日

田中正人選手 CP2通過

21:24(3時間24分) CP2スゴ乗越小屋到着。天気は無風で寒くない。
CP1五色ケ原山荘から2時間01分で到着。昨年の宮下選手は2時間19分到着。

F1000051.jpg
posted by TJAR at 21:56| Comment(0) | 選考会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中正人選手 CP1五色ケ原山荘通過

スタートして1時間23分(19:23) 田中正人選手がCP1の五色ケ原山荘に到着。ここであんパンを1個食べ、ヘッドランプを用意して、19:28再出発。

2時間18分(20:18) 越中沢岳通過。すでに辺りは真っ暗で無風。CP1の時点で昨年トップの宮下選手より30分ほど早いペース。

しかしここから暗くなるので、道迷いをしそうな箇所はペースを落としていく予定。

F1000048.jpg

posted by TJAR at 21:48| Comment(0) | 選考会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一の越山荘

写真は夕方の一の越山荘から見た室堂平。天気は快晴。

200807191831000.jpg

撮影:田中陽希
posted by TJAR at 21:37| Comment(0) | 選考会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中正人 7/19 18:00 スタート

田中正人選手が、一足先にスタートした。
7月19日 18:00 雄山
昨年の選考会B日程で記録を出した宮下選手のタイムを目標に進む。
tanaka ozan.jpg
posted by TJAR at 21:26| Comment(0) | 選考会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中陽希 選考会Bに向けての抱負

初の北アルプスですが、存分に自然を満喫して無事に帰ってきます!

IMGP4050.JPG
posted by TJAR at 11:01| Comment(0) | 選考会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

選考会B スタート間近!

選考会B(北アルプス)が、7月20日(日)00:00にいよいよスタートする。
選考会参加者は以下の11名。

山北 道智
田中 陽希
西岡 利泰
紺野 裕一
志村 郷
湯川 朋彦
飴本 義一
鈴木 基
岩瀬 幹生
伊藤 奈緒
星野 緑

※田中正人は21日に急用があるため、19日(土)にスタート

11人の選考会レポートはこちらのブログにアップしていく予定。乞うご期待!

posted by TJAR at 21:32| Comment(0) | 選考会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

選考会A(2007年実施)レポート 

TJAR2007年選考会A.JPGトランスジャパンアルプスレースは2年に1度の開催の為、2008年レースの選考会は2007年にも実施している。
その報告を掲載します。



07/7/22(日)、中央アルプスにおいて、トランスジャパンアルプスレース2008 選手選考会Aが開催された。
当日は、日本山岳耐久レースや北丹沢12時間山岳耐久レース等の大会で活躍している選手14名(男子10名、女子4名)が参加した。

選手は、駒ヶ根高原/菅の台バス停〔850m〕を午前3時に一斉スタート。標高差:約2,100mを一気に駆け上り、駒ケ岳〔2,956m〕にたどり着く。
これより南下して、宝剣岳〔2,931m〕の鎖場を越え、檜尾岳〔2,728m〕から木曽殿山荘を経由して空木岳〔2,864m〕のピークを踏む。
ここから標高差約2,000mを駆け下り、ゴール(駒ヶ根高原/菅の台バス停)に到着する周回コース(距離:約42.1Km、コースタイム:22:10*)において熱い戦いが繰りひろげられた。
伊勢滝(黒川林道)から馬の背(稜線)までは、道が非常に荒れていたため、ほとんどの選手が道迷いを経験した。
稜線(標高3,000m付近)へ出ると、快適なワンウエイとなるが、酸素分圧が平地と比較して88%程になるため、体が思うように動かない事を体感できた。

結果は、2008TJAR参加資格取得選手:10名、リタイア:3名、タイムオーバー:1名だった。

コースデータ〔距離:約42.1Km コースタイム:22:10* 標高差:800m-2,956m〕 制限時間〔14時間〕
*コースタイムおよび距離は、2007山の便利帳(山と渓谷社)を参照。

総合順位氏名年齢所属タイム短縮率〔%〕備考
1大内 直樹32 8:150.37
2間瀬 ちがや40THE NOTHE FACE8:380.39
3飯島 浩38TEAM A&F VASQUE9:300.43
4鈴木 基43 10:240.47
5船橋(旧姓) 緑33 11:190.51
6須田 忠明38わらじの仲間11:470.53
7宮崎 崇徳33 12:490.58
8芝田 啓子39神田山の会13:370.61
9伊藤 奈緒30 13:410.62
10町田 吉弘44KOCCi14:290.65タイムオーバー
*瀬ノ尾敬済24 - 檜尾岳リタイア
*宮下 普35 - 宝剣山荘リタイア
*湯川 朋彦40 - 宝剣山荘リタイア
参考志村 郷34 8:420.39◎30分レイトスタート
◎・・・2008TJAR参加資格取得
posted by TJAR at 12:28| Comment(0) | 選考会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選考会A レポート

P1010056.JPG

'08/7/6(日)、中央アルプスにおいて、トランスジャパンアルプスレース2008 選手選考会Aが開催された。
当日は、日本山岳耐久レースや北丹沢12時間山岳耐久レース等の大会で活躍している選手16名(男子13名、女子3名)が参加した。

選手は、駒ヶ根高原・菅の台バス停〔850m〕を午前2時に一斉スタート。標高差:約2,100mを一気に駆け上り、駒ケ岳〔2,956m〕にたどり着く。
これより南下して、宝剣岳〔2,931m〕の鎖場を越え、檜尾岳〔2,728m〕から木曽殿山荘を経由して空木岳〔2,864m〕のピークを踏む。
ここから標高差約2,000mを駆け下り、ゴール(駒ヶ根高原・菅の台バス停)に到着する周回コース(距離:約42.1Km、コースタイム:22:10*)において熱い戦いが繰りひろげられた。

天候は曇りで、コンディションは上々だった。伊勢滝・黒川林道から馬の背・稜線までは道が荒れていたため、ほとんどの選手が道迷いを経験した。
稜線(標高3,000m付近)へ出ると、快適なワンウエイとなる。中央アルプスの雄大な景色を楽しみ、可憐な花に心を奪われながらも渾身の山岳ランニングをおこなった標高3,000mの山岳エリアは、トレイルエリア(標高1600m程度)に比べ、酸素が薄く体が思うように動かない。

岩場・くさり場を含む危険箇所が多くあるなどハンディーを克服して、田中正人選手が7時間46分の大会新で優勝した。
また参加者全員が、選考会A目標タイム:13時間13分を余裕を持ってクリアし、本大会への参加資格を得た。
今年の選手は、かなりレベルが高い。本大会での活躍が、期待できる。
コースデータ〔距離:約42.1Km コースタイム:22:10* 標高差:800m-2,956m〕 制限時間〔13時間13分〕 12時間以内が望ましい。
*コースタイムおよび距離は、2007山の便利帳(山と渓谷社)を参照。

P1010058.JPG

<総合順位 住所 氏名 年齢〔歳〕 タイム〔時間:分 〕短縮率〔%〕 備考>

1   群馬    田中 正人 40    7:46  0.35 ◎ 大会新
2   東京    山北 道智 21    8:27  0.38 ◎
3   長野    飯島 浩    39    8:28  0.38 ◎
4   千葉    宮下 晋    36    9:19  0.42 ◎
5   群馬    田中 陽希  24    9:37  0.43 ◎
6   長野    志村 郷    35    9:53  0.45 ◎
7   徳島    木村 正文  40  10:01  0.45 ◎
8   神奈川 飴本 義一  42  10:16  0.46 ◎
8   群馬    星野 緑    34  10:16  0.46 ◎
10 東京    実井 孝明 43  10:32  0.48 ◎
11 東京    須田 忠明 39  11:18  0.51 ◎
12 東京    鈴木 基    44  11:21  0.51 ◎
13 徳島    平井 小夜子45  11:26  0.52 ◎
14 東京    湯川 朋彦 41  11:27  0.52 ◎
15 三重    宮崎 崇徳 34  11:52  0.54 ◎
16 東京    伊藤 奈緒 31  12:18  0.55 ◎

選考会A目標タイム:13時間13分
◎・・・TJAR 2008 参加資格取得者
posted by TJAR at 10:09| Comment(0) | 選考会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

選考会B

7月20日(日)選考会Bが開催される。

・場所:北アルプス
・コース:立山(雄山)→薬師岳→黒部五郎岳→槍ヶ岳→上高地(河童橋)
・データ:距離:73.8Km

・集合:7/19  17:00 一ノ越山荘、宿泊(仮眠)
・スタート: 7/20     0:00 立山(雄山)山頂 
・目的:・夜間行動力の養成をおこなう
     ・20時間以上?山岳トレイルランをおこない,長時間行動力を養う
     ・ファーストビバークは、必要に応じて自己判断でおこなう 
     ・コースの下見を兼ねる
・コメント:・選手11名(男子9名、女子2名)が参加します。
    ・昨年は、宮下選手が、18時間04分(大会新)で優勝している。
         今年は、さらなるタイム短縮が期待できる・・・  
  
梅雨はまだ空かないが、好天を祈る。
posted by TJAR at 16:51| Comment(0) | 選考会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

トランスジャパンアルプスレースとは

TJAR.JPG

日本海/富山湾を午前零時にスタ−トし、北アルプスから中央アルプス、そして南アルプスを越え、太平洋/駿河湾までの距離:約415Kmの道程を交通機関を一切使わず、自身の足(走り、歩き)のみで1週間以内(+予備日1日)に踏破することをめざす、ハ−ドな山岳アドベンチャ−レースです。

1.開催期間:2008/8/10〜2006/8/16(8/17:予備日)

2.コース概要と関門
・集合 日本海/富山湾・早月川河口〔8/09 22:00〕
・スタート 日本海/富山湾・早月川河口〔8/10 0:00〕
・日本海/富山湾・早月川河口〜馬場島〜北ア(剣岳〜槍ヶ岳)〜上高地・関門◎〔8/12 9:00 2.5日目〕
・上高地〜境峠〜木曽駒高原スキー場〜中央ア(駒ケ岳〜空木岳)〜駒ヶ根〜市野瀬・関門◎〔8/14 19:00 5日目〕
・市野瀬〜南ア(仙丈岳〜茶臼岳)〜畑薙第一ダム〜井川〜笠張峠〜静岡〜太平洋/駿河湾・大浜海岸(ゴール)◎関門〔8/17 24:00 8日目〕
*上記に設定した関門◎を、所定の期日/時間までに通過すること。
これをクリアできなかった場合、レースを継続することは出来ない。

7月20日(日)は選考会が開催されます。
posted by TJAR at 10:39| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。